大分のホームページ作成は、株式会社L-planningにお任せください。

株式会社L-planning
TEL:097-535-7171 営業時間:9:00〜17:00 無料お見積りはこちら

お客様インタビューinterview

株式会社ディリープ 様
写真:矢野社長、筒井、小野
ホームページだけではなく、ユニフォームや
チラシなどもプロデュースしてくれるから
安心して依頼をしました!

株式会社ディリープの矢野社長(中央)と弊社 筒井(右)、小野(左)

こんにちは、エル・プランニングの筒井です。
本の宅配・出張買取会社「エブリブックス」を運営している株式会社ディリープの矢野社長に、
エル・プランニングのホームページづくりへの感想を聞きました。

質問に返ってきた言葉はできるだけ、お客様の言葉のままを残していますので、
ホームページ制作をご検討されている方の参考になれば嬉しいです。

目 次
  1. 大分だけではなく全国から商品を集めるため、ホームページを作りを考えました。
  2. 『HPだけではなく、一気通貫でブランド・マネジメントを』という提案で
    決心しました!
  3. 宅配買取は40%増!出張買取は1.5倍以上の伸びで推移!
  4. 四半期か半年に改善のアドバイスが欲しいですね。
1.

大分だけではなく全国から商品を集めるため、
ホームページを作りを考えました。

矢野社長が今回ホームページを作ろうと思ったキッカケを教えてください。

矢野社長

26歳(2017年現在が31歳で5年前になります。)の時に、本やゲーム、CDの買取・販売ビジネスで起業したんですよ。

それから、2~3年して法人化(法人名は株式会社ディリープ)する時に、地元大分だけではなく全国から、もっとたくさんの本やゲーム、CDを集めたかったので、ホームページを作ることを考えました。

実店舗を持つビジネス(ブックオフさんのような)形態では、まだまだリスクは高いと判断していたので、
ホームページが最重要ツールという位置づけでしたね。

L-planningを知ったキッカケは、何だったんですか?

矢野社長

インターネット検索で、探して見つけました。
相談のメールをしたのが深夜だったのですが、翌日の午前中には、折り返しの連絡を頂けて「あ、ちゃんとしている会社なんだ」と安心しましたよ(笑

他のところにも同じようなメールをしましたが、2~3日経ってからとか、返事なしだったりとかで・・・
だから余計に(安心しました。)

2.

『HPだけではなく、一気通貫でブランド・マネジメントを』
という提案で決心しました!

同業他社が数多くある中で、なぜ私たちを選んだのですか?

矢野社長

県内のとある銀行などのホームページやPRなどを手がけている会社さんに、最初相談に行ったんですよ。

そこでは、「こういうことしたいんですが・・・」と相談すると返ってきた言葉が「ざっと見積は、このぐらいになりますよ。制作スタートすると後々追加もありますね~」と。
予算の上限が決まっているので、この会社に依頼するのは無理だなって思いましたね。

そこで、次にエルプラさんに相談しに行ったんです。
契約前の初っ端の相談時から、筒井さん(つまり社長さん)が居て、ビックリ!イメージしていたのは、スタッフが窓口になって相談にのって、契約後に社長がでてくるのかな~と思っていたから、社長自らが話を聞いてくれて・・・もうそれだけで、かなり信頼がおけるようになりました(笑)

他のスタッフさんも愛想がいいし、メンバー間が楽しくやっている雰囲気も感じられたのでここなら、お願いできるかも!と確信をしていきました。他社よりも見積金額は、高かったですがね(笑)

でも、ホームページだけではなく、ユニフォームやチラシも一気通貫でブランド・マネジメントしてくれるというご提案だったので依頼する決心をしました!

3.

宅配買取は40%増!出張買取は1.5倍以上の伸びで推移!

ホームページを作った後、実際の反響はいかがですか?

矢野社長

ホームページを公開して2年経つのですが、だんだん上がってきています。
出張買取の依頼件数は年々増加していますね。

公開してすぐは、月に1件ぐらいの出張買取依頼だったのですが、
今では、1日に1件(ひと月に約30件)の依頼がありますから!(2017年5月以降は、出張買取件数がさらに1・5倍に伸びているとのこと!)

お客様宅へ出張買取に行くと「ホームページ見たよー!」「ホームページに写ちょった人やろ?」と
声をかけられるのも嬉しいですね。

宅配買取の件数は、前年度と比較して、40%増ですね。

宅配買取は、全国相手なので、大企業や中小が乱立し、もっと上手くやっていかないといけないですね。ただ、今のところ宅配買取で査定依頼を受けて、見積もった金(=買取金額)がキャンセルになったことは一度もないのが自慢ですね。

他社のキャンセル率がいくらか分かりませんが(笑)

古本買取大手を仮想敵として想定し、店舗への持ち込み査定より、
宅配買取査定のメリットを強調した構成に。
ホームページやロゴ、ユニフォーム、チラシなどすべてを手がけて、
お客様がエブリブックス・ブランドに愛着が持てるようにブランディングコントロールを実施。
矢野社長

さらに、お客様の方から弊社へ、わざわざ足を運んで相談に来てくれるんです。
ホームページを持っていない時は、お客様のご自宅に、都合を合わせて夜遅く伺っていたんですよ・・・。

あと、さきほども言いましたが、県外需要が増えたことも、ですね!

5.

四半期か半年に改善のアドバイスが欲しいですね。

さて、ドキドキですが、私たちの良いところ3つと悪いところ3つ教えていただきたいのですが・・・(笑

矢野社長

良い点は、エルプラのみなさんがフレンドリーだし、いつも楽しそうにしているところですかね。
あと、私が社長という肩書を背負っている割に若いので(相談に来られた当時は28歳)、色んな場面で、見下されたというか、この若造が~的な対応をよくされていたんですよ(汗)
エルプラさんはそれが一切無かったですね。

しっかり、話に耳を傾けてくれるし、本当に親切でした。

悪い点は無いのですが、要望としては四半期か半年に「ここはこうした方がいいよ~。」といったアドバイスが欲しいですね。

今は、月に1度ニュースレターが届くので、そこに載っているノウハウを読んでいますが、やはり個別のノウハウが欲しいですね。ホームページを作ったままで、ちょっとした更新はしているけれど、月日が経っていくと、このまま放置していていいのか?テコ入れしなくていいのか?と不安になってくるんですよ。
3ヶ月に1度でもいいですから(笑)

矢野社長、おいそがしい中、取材にご協力いただきありがとうございました。


今後とも末永くよろしくお願いします!


株式会社ディリープが運営する「エブリブックス」のホームページ
取材日時:2017年6月
取材:筒井 崇 撮影:清水 貴宣
制作:首藤 洋志