WORKS

Output English Community House

サービスサイト

Output English Community House

client outline

「覚えさせる英会話教室」ではなく
「楽しみにながら、自然に英語を身につける英会話教室」を表現

0〜6歳をメインターゲットにした大分市の英会話スクール「Output」様。将来的に海外で活躍できる英語力を目指し、楽しみながら英語を身につける英会話教室です。点数アップや試験対策のみを目的とした学習塾とは違い、アメリカのリビング・ダイニングを再現した教室はまさに「英会話の遊び場」。外国人講師のレッスンで生きた英語に触れ、子どもたちが楽しみながら自然と学べる他にはないスタイルが人気を集めています。

Output English Community House

01. 相談内容 consultation

  • ホームページで新規生徒を増やしたい!
  • 「話せる英語が身につく」ことを伝えたい!

リニューアル前は、簡易ホームページ作成サービスを利用したホームページを運営されていたOutput様。当時はホームページを持っている英会話教室自体が少なく、簡易的なものでも充分広告として効果を発揮していたそうです。
しかし、時代の流れとともにホームページで集客を行う競合が増えてきたことから、徐々に新規生徒数が減少。ホームページをリニューアルし、新規の生徒数を増やしたい!というご相談をいただきました。

また、Output様の何よりの強みは「話せる英語が身につく」バイリンガル教育。テストの点数アップや受験対策のみではなく、将来的に役に立つ英語教育を行っていることをアピールしたいというご要望をお持ちでした。

02. 課題 agendas

  • 学習塾との差別化
  • 将来を見据えた英会話教育の伝え方

リニューアル以前のホームページは内容が薄く、Output様が持つ本来の魅力が充分に伝わっていないものでした。
当時、Output様が掲げていたキャッチコピーは「バイリンガル教育」。
英会話スクールという性質上、実際のターゲットとなるのは生徒さんではなく、その親御さんがほとんどです。安心してお子様を預けたいと思えるホームページを作らなければならず、「子供を英会話スクールに通わせたいと考える親は、何を求めているか」という調査を進める中で、実はこの「バイリンガル教育」という言葉は、ターゲットであるご両親に響いていないということがわかってきました。

「英会話教室」に対し、多くの保護者が求めるものは、「テストの点数」や「受験対策」。しかし、Output様にとって試験は通過点でしかなく、最終的に目指すゴールはその先にある「将来的に海外で活躍できる英語力の獲得」でした。
保護者のニーズとOutput様の見据えるゴールとでは食い違いがあり、英語塾との差別化が重要となってきます。
Output様独自の魅力やノウハウを、どのように伝えていくかが課題として掲げられました。

03. 解決策 solution

  • 検索順位の上位獲得
  • コピーをターゲット(=親御さん)に届く表現へ変更
  • 安心感、信頼感を得られるコンテンツに

私たちが大事にしたのは、「テストの結果重視の塾にはないOutput様の魅力」、そして「親御さんに寄り添うホームページづくり」です。
当時Output様にお子さんを通わせていた親御さんを対象にアンケートを行ったところ、「子どもが突然英語を喋りだして感動した!」というお喜びの声が多く集まりました。競合の英会話教室はテストの点数を重視した、学習塾に近いスタイルが非常に多かったのですが、Output様は「楽しみながら英語を覚える」という教育方針。
「18年後の子どもに、未来が広がる英語を。だけど今は、キライにならず、楽しく学んでもらいたい」
というキャッチコピーに表現される通り、「楽しく学べる英会話」はOutput様ならではの大きなメリットです。
キャッチコピーに合わせた写真、デザインで、楽しく遊びながら英語が身につく英会話教室であることをアピールしました。

アンケートの結果、お子さんを英会話教室に通わせている保護者の方は、さまざまな不安を抱えていることもわかりました。

  • 英語を嫌いになってしまわないか?
  • 小さいうちから英語を習わせることは、親のエゴではないか?
  • 日本語の文法は大丈夫だろうか?

見る頻度の高い会社概要、利用の流れといった場所に、「他の塾はそこまでしてくれるのかな?」と思えるほど丁寧な説明を組み込み、さまざまな保護者の悩みに共感しつつ、安心感と信頼感を得られる構成を心がけました。

そして、もうひとつ大事なのは、「Output様のアピールポイントは、親御さんが求めることだろうか?」という点です。 例えばOutput様がリニューアル前に掲げていた「バイリンガル教育」というキャッチコピーは、実際のターゲット層に刺さる言葉ではありませんでした。 それを私たちは、 英会話教室「アウトプット」では、幼いころに学んでも、大人になっても使える英語と秘訣を教えているんです。 という表現に変更。言葉や伝え方を変え、親御さんにしっかりと刺さるような表現でOutput様の強みをアピールしました。 強みは、ターゲットに届かなければ本来の効果を発揮しません。 リニューアルにより、Output様の持つ魅力を最大限に惹き出したホームページが完成しました。

04. ホームページ制作(リニューアル)後の結果 result

Output English Community House
  • お問い合わせ・新規入学生の増加と、公開後すぐに効果が!
  • 公開後8ヶ月で年商1.5倍を達成!
  • 検索結果上位をキープ!

大分市の英会話教室「Output」様から、新規生徒獲得を目的としたホームページのリニューアルをご依頼いただきました。
リニューアル後からすぐに効果が現れ、お問い合わせはもちろん、新規の生徒さんが大幅に増加。リニューアル後60日間で新規入学された生徒さんの数はなんと24名!公開後8ヶ月の時点ですでに年商は従来の1.5倍を超え、大きな成果となりました。
ホームページの情報を充実させ、SEO対策にもしっかりと取り組むことで「大分 英会話」という検索結果で1位を獲得。関連ワードでも上位5位をキープし続けています。

代表の麻生様からは「L-planningさんには足を向けて眠れません!」と、お喜びの声をいただきました。

05. タッチポイントデザイン output

WEBデザイン

Output English Community House

06. 制作チーム creative team

クライアント Output英会話スクール
クリエイティブディレクター
  • 清水貴宣
サイト構築・システムエンジニアリング
  • 首藤洋志
コピー・文章
  • 清水貴宣
写真撮影 一色俊武(Photostudio PASSION )

CREATIVE DATA

公開年月 2017年12月
ページ数 26
地域 大分県大分市
業種 英会話スクール
提供サービス Webデザイン、スマートフォンサイト、コピーライティング、取材および原稿(コンテンツ)制作、写真撮影
view website

こちらの事例を参考にしたホームページ制作をご検討の方はお問い合わせください。

MAILFORM

メールでの無料見積もり