大分のホームページ作成は、株式会社L-planningにお任せください。

株式会社L-planning
TEL:097-535-7171 営業時間:9:00〜17:00 無料お見積りはこちら
制作実績works

医療の最前線でいのちと覚悟に向き合う高度救命救急採用サイト

URL https://www.oita-atec3.jp/index.html
公開年月 2018年11月
ページ数
地域 大分県由布市
業種 病院
提供
サービス
コンセプトメイキング、Webデザイン、スマートフォンサイト制作、取材および原稿(コンテンツ)制作
制作タイプ 採用サイト
詳細 2012年に運用が開始された大分大学医学部高度救命救急センターは、救命救急センター専任医師と各診療科医師および看護師をはじめとした様々な医療従事者がチームを組み、質の高い救急医療を提供すべく診療を行っています。全国的にも珍しい独立した救命センター棟を持ち、救急患者の診療を一棟で行うことができる設備が整えられています。

いただいたご要望

・大分で働く救命医を増やしたい!
・現場の雰囲気が伝わるホームページを作りたい!

高度救急救命センター様では救命医が不足しており、ひとりも採用できない年が続いていたそうです。救命医は勤怠時間がしっかり管理されている環境ではあるものの、何かがあって人手が必要になった場合には決められた時間に帰れる仕事ではありません。しかし、スタッフが充分に確保できればひとりひとりの負担が減り、救える命も増えていきます。
そこで、「積極的に人材採用していることを伝えられるホームページにしたい」とのご相談をいただきました。当時、救命センターを患者さんや外部に紹介するホームページはお持ちだったものの、積極的に採用を行なっているとわかるような情報がほとんどありませんでした。一部に採用情報は載せていたものの、効果はほとんどなかったそうです。

ホームページ制作のポイント

・他大学や病院との違いを見せ、魅力を際立たせる
・救命医という仕事を映画のように演出する
・ポイントは「憧れ」

「業界全体が同じようなホームページ」という状況は、実は非常に大きなチャンスです。似たような情報が並んでいるところに、見た人の印象にぱっと残るようなホームページを打ち出せば、必ず効果は出るはずです。

まずは、大分大学医学部の高度救急救命センター様には、他にはない特徴がありました。
それは「救命センターが独立している」ということ。
2012年に運用が開始されたばかりの救急救命センターは、初療室、集中治療室、屋上ヘリポートが備えられており、救急患者の診療を一棟で行うことができます。この独立した救命センター棟は珍しく、全国に誇れる設備をお持ちでした。
そして「数字で見る高度救命救急センター」として、大分大学医学部の高度救急救命センター様の症例や要請件数をデータでまとめ、グラフでわかりやすく表示。実は大分県は症例が多く、首都圏と比べて少数精鋭で対応しているため、ひとりひとりが身につける技術の幅が非常に広くなっているそうです。職業柄、向上心を強く持ち、スキルアップを目指す人が多い医療業界では、このように具体的な情報を見せることが重要と考え、特に「ジェネラリスト(広範囲の技術や知能を持っている人)」を目指す医師&医師の卵を狙っていきました。

次に私たちが大切にしたのは、「カッコよさ」をどのように見せていくかです。
ドクターヘリに乗って患者の元へ駆けつける救命医は、時には辛く、苦しい思いをすることもあるのでしょう。けれど、その辛さを覚悟した上で、命を救おうと現場に向かっている背中は、やっぱりカッコイイのです。そしてこの「カッコよさ」に憧れて、救命医を志している医師の卵がいるはずです。
現場に向かう直前の緊迫した空気感や臨場感をどうやったら伝えられるか・・・
私たちは、「動画」を組み込むことにしました。
それも、医師と患者さんが接しているだけのありふれた映像ではなく、「救急医療現場」で働く人々の顔がぐっと胸に迫る、映画のワンシーンのような映像です。

ヘリコプターの撮影にはドローンを使用し、ヘリが飛び立つ瞬間で「現場に向かう医師の姿」をリアル&臨場感を表現。実際の会議にカメラが入り、先生たちの真摯な眼差しを捉えました。当社としても、動画を積極的に取り入れた採用向けホームページは初の試みでした。